月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ » 購入したベビー用品がいらなくなった場合は?

購入したベビー用品がいらなくなった場合は?

プレママ雑誌を開いてみると、出産に必要な物のリストも掲載されていますが、本当に必要なのかどうか迷う項目もあります。

実際のママが購入したけれど使わなかったものや、不用になった時にはどうしたらいいのかをご紹介します。

使わないかも?ベビー用品リスト

アイテムとしては必要なものが多いですが、選ぶ種類や買うタイミングによっては使わなかった、別のものを買いなおしたというケースがあります。どういうものかみてみましょう。

哺乳瓶と粉ミルク

当たり前のように準備することが多いのですが、退院する頃にしっかり母乳が出ている人なら不用になってしまいます。 完母の場合、お風呂上りに飲ませる白湯も不用のため、使う機会がないまま終ってしまうこともあります。 産後の母乳の出を確認してから購入してもいいですね。

ベビー布団、ベビーベッド

ペットや上の子がいる時には、ベビーベッドは赤ちゃんを守るためにも必要です。ですが一人目の子の時にはあまり使う機会がない人も少なくありません。

ベビー布団は赤ちゃんの体のことを考えて作られているのですが、敷き布団が硬いため寝かせるとすぐに起きてしまうことも。それにより結局使わないことがあります。 一人目の子でママと添い寝して育児する予定なら、ベビー布団もベッドも必要ありません。

ベビーバス

生まれたばかりの赤ちゃんはベビーバスで入浴します。 ですが使う期間も短いため購入すると、その後邪魔になってしまうことがあります。 ママ一人で沐浴することが多いなら、シンクでも使えるビニールタイプのベビーバスがおすすめです。

抱っこ紐

1本持っておくと外出時にとても便利です。 ただし赤ちゃんとの相性も大切ですので、産まれる前に購入した抱っこ紐だと嫌がる場合もあります。 産後に立て抱きができるようになってから、試着して決めても遅くはありません。

ベビーラック

オートスイングするタイプのベビーラックもあり、育児を助けてくれそうな印象もあります。 本体がかなり大きいためアパート暮らしのご家庭だと、邪魔になる可能性が高いです。 離乳食用のイスに使うだけなら、豆椅子やテーブルチェアのほうが使い勝手がいいでしょう。

マザーズバッグ

荷物の多いママの必需品ともいえるのがマザーズバッグ。可愛いからとデザインだけで選ぶと失敗することがあります。 一般的なマザーズバッグは大きめの肩掛けバッグですが、赤ちゃんを抱っこしながら持つことも多いため片側の肩に大きな負担が掛かります。 両手がしっかりと空いて、緊急時にもさっと対応できるという点で選ぶならリュックサックのほうが便利かもしれません。

ベビーカー

お散歩をたくさんするのならベビーカーはとても便利です。 ですが赤ちゃんによっては、ベビーカーに乗ることを嫌がる子もいます。 今はデパートに行けばベビー用のカートがありますし、遊園地や動物園など歩き回る場所に行けばレンタルのベビーカーもあります。 日常的に使うことが少ないのなら、ベビーカーは中古やレンタルでもいいでしょう。

使わなかった時にはどうしたらいいの?> 前述のように買ったアイテムと子どもとの相性が悪かった、タイミングが早かったなどで使わなかったベビー用品はどうするのが一番でしょうか?

保管する

次の子どもを出産する予定があるのならまずは保管しておきましょう。 布製品はあまり使っていなくてもカビや虫食いの可能性がありますので、保管する前にはあらためて洗濯して天日干ししてください。洗濯できない製品もアルコールで拭き掃除しておくと安心です。

処分する

もう使う予定がなさそうなら、早めに手放しておきましょう。 とくにベビーカーや抱っこ紐などは新製品が次々出てきますので、早いうちに売ると値段も高くつきます。

手間は掛かりますが、一番高く売りたいのならオークションやフリマアプリを利用するといいですね。 数ヶ月出品してみて買い手が付かないならリサイクルショップに持ち込んでみてください。 値段の付かないものも引き取ってくれますので、捨てる手間が掛かりません。

譲る

身近に出産予定の人がいるのなら、欲しいものがないか聞いてみましょう。「新品じゃないと嫌!」という人もいるでしょうが、できるだけ安く出産準備したい人には喜ばれるはずです。

リメイクして使おう

赤ちゃんのために購入したものを手放すのは寂しい気もします。 そんな時にはリメイクして使ってみましょう。

いらなくなったベビー用品の活用事例

  • 哺乳瓶

哺乳瓶には10mlごとに目盛りが付いているため、手作りのドレッシング作りに最適です。そのまま冷蔵庫で保存もできて便利です。

  • ベビーバス

割りと大きくかさばるベビーバスですが、少し大きくなってきたら砂場遊びや夏場の水遊びにと活躍します。 庭がない集合住宅に住んでいてもベランダで使用できます。

  • ベビーベッド

ベビー用品の中でも大物家具であるベビーベッドですが、DIYが得意な人ならチャレンジしたいのがキッズデスク。 また活発に動くようになってきたら、ベビーベッドの柵部分をベビーゲートとして利用することもできます。玄関や階段の前に設置するだけなので簡単です。

ベビー用品というのは、生活スタイルや赤ちゃん次第で不用になってしまうことも多いものです。 もし不用になってしまったなら、早い段階でベビー用品の行き先を決めてあげましょう。 処分に迷ったなら、思い出としてリメイクして残しておくのも素敵ですね。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集