月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » いつ頃何を用意したらいい?ベビー用品で必要なモノって? » ベビー用品に使われる材質って?材質別の特徴を知ろう

ベビー用品に使われる材質って?材質別の特徴を知ろう

大人よりも肌が敏感な赤ちゃんはもちろん、妊娠前よりも肌が敏感になりやすいマタニティーママにとって、肌に直接触れる衣類の素材選びはとても重要。

ベビー用品やマタニティー用品によく使われる材質にはどのようなものがあるのでしょうか。材質ごとの特徴を知って、季節や用途、ママや赤ちゃんの好み、肌質に合わせたものを選びましょう。

ベビー服の材質の基本とは?

小さくてかわいいベビー服。さまざまな色やデザインがあり、我が子が着ているのを想像するだけで胸が高鳴りますね。

しかし、ベビー服をデザインだけで選ぶのはNGです。赤ちゃんの肌は大人よりも敏感で、服が肌に当たってこすれたり、服が汗をうまく吸ってくれず肌が荒れてしまったりといったトラブルが起きます。デザインの前にまずは材質をチェックしましょう。

ツーウェイオールやカバーオールなどといったベビー服もできるだけ安心できる材質にしたいものですが、特に、肌に直接触れる肌着は綿100%のものが基本です。アレルギーが気になる場合は、普通のものよりも刺激が低いオーガニックコットンを使用したものを利用するとよいでしょう。

マタニティー用品も同様です。肌に触れる肌着や、赤ちゃんが触れるかもしれない授乳用パジャマなどは、できるだけ綿100%のものを選ぶようにしましょう。

ベビー服に使われる材質の特徴を解説

綿100%と聞いて、Tシャツやカットソーなど比較的薄手の服を思い浮かべる人も多いでしょう。いくら綿100%がよいとはいえ、季節の変化に対応できるのか心配ですね。

特に、体温調節を自分で行うのが難しい赤ちゃんは、部屋の空調や服装で体温を調節してあげる必要があります。綿100%の服で、本当に大丈夫なのでしょうか。

結論からいうと、冬は重ね着などの工夫をする必要がありますが、オールシーズン綿100%でOKです。綿100%と一言でいっても、糸の編み方や加工のしかたによって、さまざまな特徴をもつ布地が存在するからです。それでは、その布地の種類についてご紹介します。

フライス

通気性に優れた素材で、一年を通して使いやすい肌着の定番です。表も裏もメリヤス編み(表裏が違う編み方)ではありますが、天竺ほど表目と裏目の違いがはっきりしていません。そのため伸縮性もあり、手触りもソフトで心地よい材質となっています。

ガーゼ

目が粗い平織りの布で、薄くてやわらかいのが特徴。ガーゼが2枚重ねになっている「ダブルガーゼ」がよく使われます。ダブルガーゼは通気性が高いので、夏服の素材として大活躍なのです。

さらに、吸湿性が高く、乾きやすいというメリットもあるので、汚れやすいハンカチやスタイ、抱っこひもカバーにも適した素材です。

天竺

一般的にメリヤス編みといわれる素材で、横方向の伸縮性が優れています。肌触りなめらかで、春や夏の肌着、ベビー服によく利用されています。

スムース

「スムース」という名の通り、手触りもなめらか。フライスよりも厚手で、保湿性や保温性に優れた素材なので、秋服や冬服によく利用されます。

パイル

いわゆるタオル地であるパイルは、吸湿性に優れているため汗をかきやすい夏に大活躍の素材です。一方で、肌触りがふんわりしており、保温性もあることから冬でも活躍します。

メッシュ

通気性に優れた素材で、真夏の肌着としてよく利用されています。また、布地が薄いため、厚手の服の下に着ていても、もたつくことなく運動の邪魔をしません。そのため、薄いながらも体温調節に重宝する素材なのです。

ニット

綿100%の毛糸からつくられたニットは、もちろん保温性・保湿性ともに高く、真冬のベビー服として利用されています。羊毛やアクリルからつくられた毛糸よりもアレルギーが出る可能性は低いので、寒い冬でも安心して着せることができる素材です。

何がいいか迷ったらレンタルもオススメ

綿100%の布地には、いろいろと種類があり、その種類ごとにさまざまな特徴をもっていることがおわかりいただけたと思います。

しかし、冬でも昼間は暖かかったり、本格的な春を迎える前の季節は少し肌寒い日があったりと、材質を選ぶのはなかなか難しい場合もあると思います。

そのような場合は、一度レンタルしてみるのも1つの手段です。実際に手に取ってみることで、材質の違いを実感することができ、季節や用途に合った材質を見つけ出すことができるでしょう。

いかがでしたか?肌の弱い赤ちゃんや妊娠前よりも敏感肌になっているマタニティーママにとって、綿100%の服や小物は必須アイテム。暑い夏にはダブルガーゼやメッシュ、寒い冬にはスムースやニットなど、同じ綿100%でもさまざまな素材があります。

吸湿性や保温性、乾きやすさなどといった機能面も高い綿100%の素材は、赤ちゃんにとってもママにとっても心強い存在ですね。

何がよいのかわからない場合は、レンタルして実際の使い心地をチェックするというのも1つの方法です。上手に服の材質を選んで、赤ちゃんもママも快適に過ごしたいですね。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集