月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » いつ頃何を用意したらいい?ベビー用品で必要なモノって? » ベビー用品何がいる?春生まれの赤ちゃんのための出産準備リスト

ベビー用品何がいる?春生まれの赤ちゃんのための出産準備リスト

初めての出産はワクワクする反面、「何を準備したらいいのか分からない」と少々パニックになってしまうこともあるものです。いざという時になって、「これが準備できてなかった!」ということにならないため、リストを作って赤ちゃんの出産に備えておきましょう。何を準備するかは赤ちゃんがいつ生まれるかで異なってきます。ここでは赤ちゃんが春(3月・4月・5月)に生まれる予定の方のための出産準備リストをご紹介していきます。

3月・4月・5月の春生まれの赤ちゃん出産準備はいつから始める?

赤ちゃんの出産予定日が春という場合、出産準備はいつから始めると良いのでしょうか?

妊娠が分かってすぐにうれしくなって準備を始めたという方もいますが、妊娠初期の時期は体調も安定していませんし、赤ちゃんの性別も明らかになっていない時期です。ですから、この時期に無理に出産準備をスタートする必要はありません。

出産準備は早くても安定期に入ってからにしましょう。その頃には赤ちゃんの性別も分かっていますし、体調も安定しているのでゆっくりとした気持ちで準備を行いやすいと思います。 出産予定日が3月の場合は12~1月くらいから、4月の場合は1~2月くらいから、5月の場合は2~3月から出産準備を始めると、十分に間に合うはずです。

3月・4月・5月の春生まれの赤ちゃんが必要なものとその選び方を紹介

では春生まれの赤ちゃんのために準備すべきものにはどのようなものがあるのでしょうか? 3月・4月・5月の春生まれの赤ちゃんに必要な出産準備リストをご紹介していきたいと思います。

肌着&ウェア

春は少しずつ暖かくなり、赤ちゃんが汗をかきやすい時期ですので、肌着は少し多めに準備しておきましょう。少し暑い日もありますから、赤ちゃんの服装としては短肌着とコンビ肌着、もしくはツーウェイオールを重ね着して、上にブランケットをかけるということが多くなります。肌着を選ぶ際は、汗を吸収しやすく、通気性の良い素材のものを選ぶのがおすすめです。

  • 短肌着 5~6枚 (5月生まれの赤ちゃんの場合は1~2枚)
  • コンビ肌着 5~6枚(短肌着と重ねて使用する)
  • 長肌着 2~3枚(短肌着と重ねて使用する。コンビ肌着があればなくても◎)
  • ツーウェイオール 4~5枚(新生児にはドレスとして、足が動かせるようになったらカバーオールとして使用できる)
  • ベビードレス 1枚(必要に応じて。退院時やお宮参り、お出かけの時に)
  • カバーオール 1~3枚(ツーウェイオールで代用は可能)
  • おくるみ 1枚(気温の変化が激しい春の時期には1枚あると便利)
  • ベスト 1~3枚(少しひんやりする日などに肌着の上から着せるなど体温調節に便利)
  • スタイ 2~3枚(授乳中に使用。ミルクが口からこぼれてもスタイがあると安心)
  • 帽子 1~2枚(保温効果がある。ツバのある帽子ならお出かけ時に日よけとして使える)
  • ミトン 1~3枚(保温効果がある。赤ちゃんが爪で顔を引っ掻いてしまうのを防止)

おむつグッズ

こちらは季節を問わず必要になるものですので、当面必要なものを準備しておきましょう。

  • 紙おむつ 1パック
  • おしりふき 1パック
  • おむつゴミ箱 1個
  • おむつ替えマット 1枚

母乳&ミルクグッズ

こちらも赤ちゃんに必要なものですので、あらかじめ準備しておくようにしてください。

  • 哺乳瓶&乳首 2~3本
  • 消毒グッズ 1セット 
  • 粉ミルク 1缶

こちらは必要というわけではありませんが、あると便利なアイテムです。

  • 母乳パッド 1パック
  • 授乳クッション 1個
  • 授乳ケープ 1枚

ねんねグッズ

春生まれの赤ちゃんは夏にかけて汗をかきやすくなりますので、替えを準備して常に清潔を保つように心がけましょう。

  • ベビー布団セット 1セット(敷布団、厚手掛け布団、薄手掛け布団のセット)
  • タオルケット 2~3枚 
  • ベビーベッド 1台(数年しか使わないベビーベッドはレンタルもあるので、レンタルを利用するのも◎)
  • 防水シーツ 1~2枚
  • キルティングパッド 1~2枚
  • 枕 1個

おふろ&ヘルスケアグッズ

こちらも出産後、すぐに必要になるものですので、ひと通りそろえておきましょう。

  • ベビーバス 1個
  • ベビーソープ 1個
  • ガーゼ 3~4枚
  • 湯温計 1個
  • ベビー用綿棒 1箱
  • ベビー用つめ切り 1個
  • スキンケア用品 1個 
  • ベビー用体温計 1個(入浴前などに検温するのがオススメ)

おでかけグッズ

赤ちゃんのお出かけ用に揃えておきたいアイテムです。赤ちゃんがまだ小さいうちは、抱っこ紐だけでも準備しておくと、お出かけの時に便利ですよ。 抱っこ紐 1個 チャイルドシート 1台 ベビーカー 1台

以上、春生まれの赤ちゃんのための出産準備リストをご紹介しましたが、月別に赤ちゃんの服装がどのようなものになるのか、また特に準備しておきたいアイテムをご紹介していきます。

月別!特に用意しておきたいアイテム

3月

日中は短肌着とコンビ肌着、もしくは長肌着を組み合わせて着用し、その上にタオルケットをかけてあげる程度で十分です。寒い日は部屋の温度を調整してあげるといいでしょう。外に出かける時はベストやおくるみを利用して、赤ちゃんの体温が下がらないように注意します。

夜は冷えるので、肌着の上には掛け布団をかけてあげましょう。室内の温度によって、厚手のものと薄手のもののどちらかふさわしい布団を選んでくださいね。

4月

少し暖かくなるので日中は短肌着を着用しなくても良い日が出てきます。その場合はコンビ肌着や長肌着だけで過ごし、上から大きめのタオルをかけてあげるとよいでしょう。肌着を選ぶ際には天竺など通気性が良く、少し薄手の生地がオススメです。

夜は気温が少し下がりますから、短肌着も着用し、その上から薄手の掛け布団やタオルケットをかけてあげてください。

5月

初夏に近くなっている5月は時折ひんやりとする日はあっても、日中は真夏のように暑い日もあります。暑い日は短肌着を使用せずに長肌着やコンビ肌着だけで過ごすのが丁度いいでしょう。肌着の素材は天竺のほか、肌触りの良いガーゼがおすすめです。 日差しが強くなっているので、日中出かける時にはツバの広い帽子をかぶせてあげて、ベビー用の日焼け止めを塗ってあげましょう。

夜はひんやりする日は肌着を2枚にしてあげて、そうでない場合は肌着1枚にタオルケットなどをかけてあげてください。

まとめ

春生まれの赤ちゃんの出産準備リストをご紹介しました。春は暖かい日もあれば、肌寒い日もあるので肌着を少し多めに用意しておきましょう。寒い日は肌着を重ね着させてあげることで温度調節ができますし、暖かい日は汗をかいた時に肌着の替えが必要となります。気温の変化に応じた服装をさせてあげると、赤ちゃんの体調不良を防ぐことができますよ。 妊娠安定期に入ったら、ここでご紹介した出産準備リストを参考に少しずつ必要なものをそろえていってくださいね!

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集