月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » いつ頃何を用意したらいい?ベビー用品で必要なモノって? » ベビー用品の準備はいつから?必要なものリスト

ベビー用品の準備はいつから?必要なものリスト

ベビー用品を準備する時期と最低限用意しておくべきもの

出産を控えるにあたり、準備しなくてはいけないものはたくさんあります。購入を推奨されるものは「出産準備品」として大体がリスト化されているので、産院からのパンフレットやネット上の出産情報サイトなどでチェックしたことがある人も多いのではないでしょうか。

出産にまつわる必需品は、生まれる季節や赤ちゃん・ママの様子により個人差がある部分も多く、どんな出産準備品リストにも必ず情報の過不足が現れます。「リストには載っていなかったけど私には必要だった」ということもありますし、逆に「必需品だと聞いていたのに全く使わなかった」という意見も。

必要だと聞いたことがあるものを全て揃えているとなかなかの出費になりますし、できれば情報を取捨択一して賢くアイテムを揃えていきたいですよね。出産前に購入しておきたいものは、大きく分けて「新生児期から赤ちゃんに使うもの」と「産後のママが使うもの」の2つです。

妊娠8カ月頃から揃えていくママが多いですが、初めての出産となるとそもそも何をどう使えばいいのかも分かりづらいもの。そこで、出産前に最低限揃えておきたい新生児期のアイテムリストや、その使い道などを紹介していきます。

新生児用品の必需品リスト

出産前、つまり出産のため入院するまでに購入しておいた方がいいものを紹介します。出産前に最低限用意しておいた方がいいものは、「出産直後のママに必要なもの」、「生まれたばかりの赤ちゃんに必要なもの」の2種類に分かれます。なかには貸し出してくれたり、入院セットとして用意してくれたりしているものもありますので、買いそろえる前に必ず出産予定の施設に確認してみましょう。

■入院時の準備品リスト

ママ用

・パジャマ(授乳機能が付いているものが便利)

・産褥パット

・産褥ショーツ

・授乳ブラジャーや授乳キャミソール

・母乳パット

・産褥ニッパー

・円座クッション

パジャマや下着類は、洗い替え分を数着用意しておきましょう。産褥パットや母乳パットは用意してくれていることもありますが、足りなくなることを考えて自分でも購入しておくのがベストです。会陰を切開した場合座るときにかなり痛むことがあるので、円座クッションを用意しておくと便利。

赤ちゃん用

・新生児サイズのおむつ

・退院時の肌着や衣服

・ベビー用爪切り

・チャイルドシート(車で帰宅する場合)

・新生児用抱っこひもやクーハン

新生児サイズのおむつは産院にあるものを使うこともありますが、こちらも足りなくなることを考えて用意しておくといいでしょう。ただし赤ちゃんの大きさによっては、新生児用サイズはすぐに小さくなってしまうことも。余ってしまうと使い道がなくなるため、入院時は1パック程度余分にあれば充分です。

赤ちゃんはママのおなかのなかである程度爪が伸びていることもあり、きれいな丸い形ではなくギザギザととがってしまっていることも。赤ちゃんが顔などを傷つけてしまうので、ベビー用の爪切りを用意しておくと安心です。貸し出してくれることもありますので確認しておきましょう。

退院時に着せる服はベビードレスを選ぶパパ・ママが多いです。肌着も必要になるため、季節に合わせたものを選びましょう。帰宅時の交通機関によって、必要であればチャイルドシートや抱っこひも・クーハンを用意しておきましょう。

■退院してから必要なもの

●衣類

・短肌着&長肌着

・カバーオール

新生児期はほとんどを屋内で過ごすため、暖かい季節などは基本的に肌着でもOK。寒い季節は厚めのカバーオールや掛け布団などで体温調節してあげましょう。

●授乳系グッズ

・哺乳瓶&乳首

・粉ミルク

・哺乳瓶消毒セット

産後の母乳の出方により必要数が異なるため、最初は最低限1セット用意しておきましょう。母乳パットや調乳用のポットなどは様子を見て買い足せば大丈夫です。

●寝具

・布団セット

・防水シーツ

固めの敷き布団がついた赤ちゃん用の布団セットを用意しましょう。洗い替え用のシーツ類をいくつか用意すると安心です。ベビーベッドは嫌がる赤ちゃんもいるため、産後の検討で十分間に合います。

●おむつ

・紙or布おむつ

・おしりふき

すぐにサイズアウトするため、新生児用の紙おむつは買いだめしないほうがベターです。布おむつはかなり手間がかかるため、紙派のママのほうが多いようです。おしりふきはかなり長期間使うことになるため、余裕があるならまとめ買いしても。

●お風呂

・ベビーバス

・ガーゼ

・清浄綿

・体温計

・ベビー用ソープ

・ベビー用綿棒

・ベビー用スキンケアグッズ

ベビーバスはかなり短い間しか使用しないため、大きめの衣装ケースや洗面台などで代用するママもいます。清浄綿は赤ちゃんのケア以外にも、授乳前のママのおっぱいの清拭などにも便利なので用意しておくと安心です。体温計は大人用のものでも問題ありませんが、家にない場合は用意しておきましょう。

出産前には揃えておきたいリスト

赤ちゃん用品をそろえるにあたり、出産前に用意しておくのがベターなアイテムを紹介します。新生児期は、生まれて数日を出産施設で過ごし、帰宅してもお出かけする機会はめったにないため、出産施設や自宅で快適に過ごすためのアイテムが主になっています。

産後のママの体はとてもデリケートであり、出産でかなりの体力を消耗しているため、とてもではありませんがお買い物に行ける状態とは言えません。まだ赤ちゃんがお腹のなかにいるうちに、産後すぐに必要になってくるものをそろえておきましょう。

産後すぐに必要になってくるものは、どんな赤ちゃんでも必ず必要な必需品と、産後様子を見てから購入を検討したほうがいいものに分かれます。ここでは、あったほうがいい必需品と、季節に合わせて必要なものを紹介します。あとから「これはいらなかったかも…」と思うかもしれませんが、産後慌てて買いに行くよりは最初からあったほうがいいというものもリストに含まれます。もし産後にママ以外の家族がすぐに買い物に行ける環境なら、必要に応じて必需品リストの内容を見直してみましょう。

産後の購入でも間に合うものリスト

出産準備品としてよくリストに載っているけれど、産前に買わなくてもあとから検討すれば十分間に合うものも多々あります。いろいろな可能性を網羅して、「必要かもしれない」というものを全てそろえていると、かなりの出費になってしまいますし、結局使わなかったというパターンも出てきます。

出産準備のお買い物を失敗しないためには、「どんな赤ちゃんとママにも必要なもの」と、「場合によっては必要ではないもの」を見極めることが大切です。とはいえ、初めての出産であれば、その必要と不要の判断がつきませんよね。

産前に買っておいたのに使わなくて後悔したものには、「母乳orミルク用グッズ」や「赤ちゃん専用グッズ」が多いです。母乳がどれだけ出るかは産後になってみないとわからないため、たくさん出るだろうと見込んで搾乳機や母乳フリーザーパックを買ったり、あまり出ないかもしれないからと哺乳瓶グッズをたくさん買ったりすると、のちのち後悔してしまう可能性があります。また、新生児のときにしか使わない沐浴系グッズなども後悔のタネになりがちです。産後に検討しても十分間に合うものを前もって理解しておき、出産準備の参考にしてみてくださいね。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集