月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » ベビー用品、購入する?レンタルする? » 賢いショップ活用術

賢いショップ活用術

使える期間の短いベビー用品は、購入するかレンタルするか迷うところですが、アイテムによって使い分けるのもひとつの方法です。ここでは、購入とレンタルのメリット・デメリットについてまとめ、ネット通販・レンタルショップの上手な活用法について紹介しています。

リーズナブル&信頼性の高いベビー用品ネットショップを厳選紹介

ベビー用品購入・レンタルのメリット&メリット

購入

【メリット】

・新品のきれいなものが使える
・使用期間の長いものや使用頻度の高いものならば、十分、元が取れる
・汚したり、壊したりしてしまった場合でも、自分のものなので気にしなくてすむ

【デメリット】

・お金がかかる
・赤ちゃんが気に入らない場合、使わずに無駄になってしまうことがある
・使い終わった後の置き場所に困る
・処分が面倒

【購入がおすすめのベビー用品】

抱っこひも、B型ベビーカー、ベビージム、ウォーカーなど

レンタル

【メリット】

・購入するよりもお金がかからない
・赤ちゃんが気に入れば使い続け、気に入らなければ返却すればOK
・使い終わった後、家で保管したり処分したりする必要がない
・月齢に合ったものを使うことができる

【デメリット】

・汚したり壊したりすると、弁償費用が発生する場合がある
・きれいな商品が届くとは限らない
・希望する商品がすぐに借りられないこともある

【レンタルがおすすめのベビー用品】

ベビーバス、スケール、ベビーベッド、バウンサー、ハイローチェア、チャイルドシートなど

ベビー用品のネット通販&レンタルショップを上手に使う

ベビー用品は、アイテムによって、購入したほうがいいものとレンタルしたほうがいいものがあります。悩むママイラスト

抱っこひもやB型ベビーカー、車での移動が多い場合のチャイルドシートなど、使用頻度が高いものや長く使えるものは、購入したほうがお得な場合があります。

その一方で、ベビーバス、スケール、ベビーベッドなどは使用期間が短く、使用後に場所を取ることも多いので、レンタルのほうがいいでしょう

また、バウンサーやハイローチェアなどは、赤ちゃんが気に入れば役に立つベビー用品ですが、すべての赤ちゃんが気に入ってくれるというわけではありません。せっかく高いお金を出して購入しても、赤ちゃんが気に入らなければ無駄になってしまいます。

そのため、はじめは短期間でレンタルして、赤ちゃんが気に入れば長期のレンタルにするか、購入してみてはどうでしょう。

また、抱っこひもや搾乳器などは、実際に使ってみないと使いやすさなどがわかりません。

なかなか使いやすい抱っこひもが見つからず、2本、3本購入してしまったという人もいます。抱っこひもも安いものではないので、こうした失敗をしないためにも、まずはレンタルで試して、使いやすいものを購入するという方法がおすすめです。