月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

おもちゃ

赤ちゃんが気に入ってくれそうなおもちゃを選んであげるのはなかなか難しいもの。そんなときこそ、レンタルがおすすめです。

レンタルもできる赤ちゃん用のおもちゃ

おもちゃイラスト

新生児向けのラトルを始め、メリーやベビージム、ウォーカーなど、赤ちゃんにおすすめのおもちゃはたくさんあります。

しかし、せっかく買ってあげても、すぐ飽きてしまって見向きもしなくなるという可能性も。はじめはレンタルで様子を見てみて、赤ちゃんが気に入ったようであれば購入してもいいかもしれません。

 

1歳児向けのおもちゃなど月例別にベビー用品を大調査

ラトル

新生児のおもちゃの定番といえばラトル。いわゆるガラガラです。

生後1ヶ月くらいまで、赤ちゃんの目はまだよく見えず、体も動かせないのですが、耳はよく聞こえます。そのため、音の鳴るラトルがおすすめ。

赤ちゃんがなめても安全な素材や、当たってもケガをしない布製のものが人気です。

メリー

たくさんのおもちゃがぶらさがっていて、回ったり、やさしい音楽が流れたりするメリー。ベビーベッドに取り付けるタイプや床に置いて使うタイプ、どちらにも使えるタイプもあります。

新生児のうちは目が見えなくても、動きを感じることができるので、生まれて間もなくから使えますが、3ヶ月頃から反応し始める子が多いようです。子どもによっては、1歳を過ぎてからも遊ぶ子もいるのだとか。

メリーとして使った後はジムに変身するものや、メリーについているおもちゃを取り外して遊べるものもあります。

購入するのであれば、長く使える変身タイプがおすすめ。

ベビージム・プレイマット

マットにアーチ状のポールがついていて、おもちゃがぶら下がっており、音が鳴るようになっているベビージム。アーチがついていないものはプレイマットと呼ばれます。

カラフルなマットにさまざまな仕掛けがしてあるので、ねんねの赤ちゃんでも色や音、手触りなどを楽しむことができます。

動けるようになると、自分でおもちゃや仕掛けに手を出して遊ぶようになるので、ベビージムの機能によっては、新生児期から2歳頃まで遊べるものもあります

赤ちゃんによってはあまり遊ばないという子もいるので、レンタルで試してから購入してもいいかもしれません。

ウォーカー、手押し車

つかまり立ちやつたい歩きが始まると、ウォーカーや手押し車でも遊べるようになります。

いわゆる、昔ながらの木製の手押し車や、手押し車としてだけでなく、おもちゃや乗り物として遊べるものまで、種類はさまざま。

購入するのであれば、さまざまな形に変えて遊べたり、おもちゃの収納ができたりパズルができたりするなど、何通りにも使えるものがおすすめです。