月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

ベビーカー

ベビー用品の中でも大きな買い物のひとつとなるのがベビーカー。赤ちゃんとのお出かけには欠かせないアイテムですが、いつ、どれくらい使用するのかによって、選び方も変わってきます。ベビーカーの購入時とレンタル時のポイントについても解説しています。

ベビーカーの種類と購入・レンタル時の選び方のポイント

ベビーカーイラスト

出産準備品としては大きな買い物の部類に入るベビーカー。大切な赤ちゃんを乗せるためのものですし、安全面や機能面を吟味して納得のいくものを購入したいですよね。さらにコストを考えると、購入するかレンタルするかを選択するのも大切なポイントとなります。

ベビーカーには、A型、B型、マルチタイプ、バギーなどの種類があり、使用できる期間も決められています。

生後間もなくから使えるのがA型ですが、車の移動が多い、抱っこをしての移動がメインの場合は、A型を使用する機会はそう多くありません。また、A型は価格が高いということもあり、A型はレンタルにしてB型から購入するという人もいます。

ベビーカーを使用する頻度や時期は、ご家庭ごとのライフスタイルに影響される部分がかなり大きいため、できるだけ自分たちが使用するシーンを明確に思い浮かべてから購入するのがベストです。それぞれの特性を理解して、自分たちにあったものを選びましょう。おしゃれな見た目も重視したいパパ・ママには、ベビーカーのルックスも気になるポイントです。さらに、男の子用なのか女の子用なのか、2人目以降を考えているのかによっても、デザイン面は重要になってきます。どうせ長く使うのであれば、パパ・ママが愛着を持って使えるデザインのものを選びたいですよね。

ベビーカー選びで最重視したいのは「タイプ」と「安全面」で、その条件を満たす中で最も気に入ったデザインのものを選ぶと間違いにくいです。ご家庭がどのようなライフスタイルなのかをチェックしながら、それぞれのタイプを確認してみましょう。

レンタル?購入?ベビーカー選びにおすすめのショップガイド

ベビーカーの種類について

A型

特徴

A型ベビーカーの最大の特徴は、首がすわっていない新生児期から使用できること。フルリクライニングになっているため赤ちゃんを寝かせたまま乗せられるので、生まれてすぐに使用することができます。普段から徒歩移動が多く、抱っこひもでの移動がつらい場合などに重宝します。

新生児期から乗れることもあり、振動に強く安全面にも優れているのも特徴です。しかし作りがしっかりしている分、どうしても重さがあり、場所を取るのが難点です。2~3歳まで使用できるものが多いですが、本体自体が重いため、どんどん大きくなっていく赤ちゃんを乗せて押すのが辛くなってくることもあります。

A型ベビーカーを購入することがおすすめなのは、「徒歩移動が多い」、「2人目以降も考えている」など、高価なA型を購入しても十分にもとが取れそうなご家庭です。1人だけに使うのはちょっとコスパが悪いかもしれませんが、2人目以降も長く使うことを考えれば十分価値のあるアイテムだと言えます。

そこまで使う機会がないご家庭は、B型ベビーカーの適齢期まで待つか、A型ベビーカーをレンタルすることを検討するのがおすすめです。

A型のメリットとデメリット

  • A型ベビーカーのメリット

・新生児から使える

フルフラットになるので、新生児期から使えるのが最大のメリットです。1カ月健診に徒歩で行く場合や、里帰り先から帰宅する際に徒歩移動がある場合などは、出産前から購入しておいてもいいかもしれません。

・対面式のため赤ちゃんの様子が見える

生まれたばかりの赤ちゃんから目を離すのは不安ですが、A型ベビーカーは赤ちゃんの向きが対面式のため、いつも様子を確認することができます。

・振動に強く頑丈なので安全面でも安心

丈夫な作りで振動に強くできているため、刺激に弱い赤ちゃんにも安心して使用することができます。

・荷物がたくさん載せられる

本体が丈夫で重量があるため、ハンドル部分にかばんをかけたり、荷物入れのネット内にたくさん物を入れても重心がぶれません。

  • A型ベビーカーのデメリット

・重い、小回りがきかない

頑丈な作りである分、重量があるので、押す時や持ち運びの際に重く感じることが多いです。電車やバスなどの公共交通機関にベビーカーごと乗る場合、乗り降りや畳む際に少し不便に感じることがあります。

・使用期間が短い

2歳くらいまで使用できるもが多いですが、B型と比べるとどうしても使用期間が短いです。本体自体が重いため、赤ちゃんが成長していくにつれてベビーカーを押すことが大変になることがあります。

・高価であることが多い

安全性や機能性が高いですが、B型ベビーカーと比べてかなり高価であることが多いです。デザイン性が優れている輸入物のベビーカーは、さらに値段が跳ね上がることも。コスト面を考えて、それでもA型のほうがいいと判断できたら購入してみましょう。それまではレンタルで済ませるという手も1つです。

B型

特徴

B型ベビーカーは赤ちゃんの腰がすわる7~8カ月ごろから使用できます。特徴としては、A型に比べて軽量であり、赤ちゃんを座った状態で乗せられる、小さく折りたためる、などが挙げられます。

A型に比べて安価で購入できて、使用できる期間も長めですが、性能や座り心地や安全性などは劣ります。そのため、ある程度赤ちゃんがしっかりしてきて抱っこが辛くなってくるころから、移動の補助として購入されるご家庭が多いです。

B型を使用できる頃には赤ちゃんもだいぶ大きくなってきていますし、背面式のため外の景色を眺められることでご機嫌に乗ってくれることも多いです。ですが、ベビーカーを嫌がってしまう赤ちゃんもたくさんいますので、購入前に試乗させてみるか、レンタルで試してみると失敗しづらくなります。

生後2~3か月のねんね期から頻繁に徒歩で外出する家庭ではA型がおすすめですが、車移動が多い場合や普段の移動は抱っこひもがメインの家庭は、B型の適応月齢まで待ってみることも1つの方法です。

B型のメリットとデメリット

  • B型ベビーカーのメリット

・軽い、コンパクトに畳める

最大の利点は、A型に比べて軽く持ち運びが楽なところにあります。畳むときもコンパクトなサイズになるので、電車やバスなどの移動のときに便利です。玄関などの置き場所が狭いときも省スペースで収納できます。

・A型に比べて価格が安いものが多い

様々な機能性を兼ね備えたA型よりも、安価に購入できることが多いです。長時間の移動にはあまり向きませんが、ちょっとしたお出かけなら十分なコスパを発揮してくれます。

・使用期間が長い

体重制限が20キロくらいまでの商品が多く、2歳頃までのA型に比べ、B型は4歳頃までと長い期間使用することができます。実際はそこまでの月齢になってもベビーカーに乗っているお子様は稀ですが、出先でお昼寝してしまったときなどの移動にも使えます。

・デザインが豊富

機能性の上で、ある程度形状が固定されているA型と比べ、デザイン性が豊富なことも特徴のうちのひとつです。価格が安めなので、男女兼用デザインを探さなくても、お子様1人1台ずつ買えるというメリットもあります。

  • B型ベビーカーのデメリット

・運べる荷物の量が少なめ

軽量化されているため、A型に比べて積みこめる荷物の量は少なめです。荷物を入れるカゴはたいてい付いていますが、A型に比べるとやはり小さめになっています。

・安定性に欠ける

重量がない分、安定性はA型にかなり劣ります。お子様が重くなっていくにつれ、操作も少し大変になってくることが多いです。本体自体が軽いため、ハンドル部分にカバンなどの荷物をかけていて、子どもを降ろした瞬間ベビーカーが後ろに倒れてしまう…という光景もよくみかけます。

・座り心地が悪い

 

新生児から乗れるA型に比べて、クッション性があまりないなど、座り心地はかなり劣ります。リクライニングできる角度もそこまで大きくないため、お子様は少し窮屈に感じてしまうかもしれません。

マルチタイプ

通常のA型としてはもちろん、座面をはずして車に取り付ければチャイルドシートになったり、ベビーキャリーやロッキングチェア、ラックとして活用できたり、ベビーシート部分を外せばB型として使用できたりと、多機能を備えたベビーカー。

ただ、価格がやや高めで、ベビーシートとしての使用期間は短め。しかし、ベビーシートとしても使用でき、赤ちゃんをシートごと運べるので、月齢の小さいうちから車での移動が多いのであれば、マルチタイプはとても便利です。

バギー

特徴

バギーとはいわゆる「B型ベビーカー」なのですが、明確な基準や見分け方は決まっていません。いま日本で「バギー」という名称で販売されているベビーカーは、次のような特徴を持っています。

・B型ベビーカーの中でもより軽量

・折り畳んだ時に傘のようにコンパクトな大きさになる

・座面が簡易な作りになっている(布1枚やメッシュ素材など)

見分けるときの明確な基準はありませんが、B型ベビーカーの中でもより「持ち運びやすさ」や「畳んだ際のコンパクトさ」に特化した商品であると考えるとわかりやすいです。

バギーはB型ベビーカーと同じく腰のすわる時期から使用できますが、簡易な作りになっているため長時間の移動には向きません。そのため、お子様が歩けるようになってからのセカンドカーとして使用しているご家庭が多いです。車での外出時や旅行など、移動のときにちょっと使いたいという人におすすめです。

畳むとかなりコンパクトなサイズになるため、電車やバスに乗るときに重宝します。軽量なので、赤ちゃんを抱っこしながら片手でたたむことも可能です。価格もB型よりかなりお手頃なので、お子様が大きくなってからの2台目ベビーカーとして人気のタイプと言えます。

バギーのメリット・デメリットは?

  • バギーのメリット

・軽い、持ち運びが楽

軽さと持ち運びの楽さが最大のメリットです。B型ベビーカーも同様の特徴がありますが、バギーはさらに特化しています。

・コンパクトに畳める

ハンドル部分が丸くつながっておらず2本に分かれているので、畳んだとき大ぶりの傘程度まで細くコンパクトなサイズになります。B型ベビーカーも平べったくはなるのですが、バギーはさらに省スペースに畳むことができます。

・安価に購入できる

簡易な作りになっているため、B型ベビーカーよりもさらに安価な数千円程度で購入することができます。

  • バギーのデメリット

・安全性に欠ける

最大のデメリットが、軽さと手軽さゆえの安全性のなさです。軽量なため安定感がなく、操作に少しコツが必要とされることも。力の強い赤ちゃんなら抜けだそうとして倒れてしまうこともあるので、乗せている間は目が離せません。

・畳んだとき自立しない

コンパクトに畳めることがメリットですが、他のベビーカーと違い畳んだときに自立しません。どこかに立てかけて置いておく必要があります。

・長時間の使用はできない

シートが簡易化されており、振動にも強くないため、赤ちゃんに負担をかけることがあります。長時間の使用はできません。

ベビーカー選びにはライフスタイルや使用シーンが重要

ベビーカーを使用する頻度やシーンはご家庭によって異なりますので、「なんとなく」の購入には失敗が付き物です。決して安い部類のお買い物ではないため、自分たちのライフスタイルに合わせて購入を決定したいもの。

ベビーカーは必ず購入しなくてはいけないというイメージがあるかもしれませんが、レンタルで十分なケースや、購入しなくても大丈夫というケースもあります。ショッピングセンターやテーマパークなどはベビーカーのレンタルをおこなっているところも多いので、お出かけ先によってはベビーカーを持っていくと逆に邪魔になってしまうことも。

使用頻度はどのような具合になるかを住環境などによってイメージし、購入やレンタル、ベビーカーのタイプなどを決定していきましょう。

ベビーカーの使用頻度が低いママ

赤ちゃんとの移動はベビーカー!というイメージを持つ人も多くいらっしゃるかと思いますが、住んでいる環境によってはあまり必要がない場合もあります。それどころか、ベビーカーの移動で余計に外出が面倒になってしまうことも。

あまりベビーカーを使わないご家庭は、その時々の出先で借りるか、お試し期間として購入せずにレンタルしたほうがいいかもしれません。ベビーカーを使う頻度が少ないと予想できる環境は、次の通りです。

  • 車移動が多い

例えば買い物などは車で行く割合が高く、徒歩でどこかに行く用事はめったにないという場合には、あまりベビーカーを使う機会がありません。買い物先へ車で移動し、降りたらすぐにお店のベビー乗せカートを借りられる…という環境なのであれば、自前のベビーカーを使う頻度はかなり減るでしょう。

  • 抱っこ移動が苦にならない

ある程度の筋力があって、抱っこひもで移動することがあまり苦にならない場合は、ベビーカーは特に必要ないかもしれません。ベビーカーを嫌がって泣いてしまう赤ちゃんもいますので、パパやママと密着できる抱っこひものほうが便利だというパターンもあります。

  • 電車やバスの移動がメイン

最寄り駅が近く、電車やバスなどの移動がメインの場合、畳まなくてはいけないベビーカーは逆に荷物になってしまいます。

ベビーカーの使用頻度が高いママ

ベビーカーを使用する頻度が高そうな場合は、レンタルよりも購入するほうがベターです。レンタル品を壊したり汚したりしたらどうしよう…と心配するよりは、自前のものを持っていたほうが安心できます。

とは言え焦って適当なものを購入するのではなく、試乗したりお試しレンタルしたり、使い心地のよさそうなものを選ぶようにしましょう。ベビーカーの使用頻度が高いと予想できる環境は次の通りです。

  • 車移動より徒歩移動のほうが多い、最寄り駅が遠い

買い物や外出は車ではなく徒歩がメインの場合、ずっと抱っこひもでの移動だと疲れてしまいます。電車やバスなどの交通機関を利用するのに駅が遠い場合などは、ベビーカーに乗せて移動したほうが楽です。

  • 2人以上子どもがいる

年の近いお子様が2人以上いる場合は、迷わずベビーカーの使用をおすすめします。抱っこできるのは1人までのため、歩けない子どもを2人以上連れて外出する場合はベビーカーが必要になってきます。

  • 抱っこ移動が辛い

お子様が1人でも、あまり体力や筋力に自信がない場合や腰痛を持っている場合などは、無理して抱っこひもを使用せずにベビーカーに乗せたほうが楽です。お子様の体が大きくなってきて抱っこが辛くなってきてからの検討でも遅くはありません。

先輩ママたちのベビーカー選び失敗談

・A型のベビーカーを購入しましたが、実際にはほとんど使う機会はなく、主に抱っこ紐を使用していました。その後改めて購入したB型ベビーカーのほうが活躍していました。

・3輪のバギータイプを購入しましたが、かなりの大きさに苦労しました。お店などで使用する際に大きさや畳みにくさが気になりました。

・安定感を求めて重めのものを購入したところ、家のまわりに坂が多いため移動が大変でした。

・丈夫でいいと思ってしっかりした作りのものを選びましたが、車に乗せる際や電車やバスなどで畳むときに苦労しました。

・ベビーカーについている日よけが思っていたよりも短く、タオルなどで覆わないといけなかった。日差しの強い時期に使用する場合は、日よけの長さもチェックするべきだった。

・対面式と背面式両方使用できるものを買ったけど、対面式で走行したら運転しづらいためほとんど使えなかった。きちんと試乗して、動かした感じを試すべきでした。

・タイヤが細すぎるものを選んでしまったため、側溝の蓋に挟まったり、地面のデコボコにタイヤが取られてしまったりして危険だった。

・スリムなタイプのベビーカーだったようで、うちの子には少し窮屈そうだった。ベビー用だから誰でも乗れるというわけではないので、きちんと乗せてみてから買うべきだった。

・畳んだときに自立しないタイプだったので、しょっちゅう倒れてしまい面倒でした。

・背の高いパパにはハンドル部分が低く、腰が辛そうでした。身長が高めの人は、ハンドルの高さもチェックしたほうがいいです。

・折りたたむ動作が少し面倒なものを買ってしまったので、片手で畳めなくて抱っこしているときは大変。

・せっかく荷物入れのカゴがついているのに、出し入れしにくいタイプだったので使いにくかった。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集