月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

ベビーカー

ベビー用品の中でも大きな買い物のひとつとなるのがベビーカー。赤ちゃんとのお出かけには欠かせないアイテムですが、いつ、どれくらい使用するのかによって、選び方も変わってきます。ベビーカーの購入時とレンタル時のポイントについても解説しています。

ベビーカーの種類と購入・レンタル時の選び方のポイント

ベビーカーイラスト

ベビーカーには、A型、B型、マルチタイプ、バギーなどの種類があり、使用できる期間も決められています。

生後間もなくから使えるのがA型ですが、車での移動が多かったり、抱っこでの移動をメインにしていたりすると、A型を使用する機会はそう多くありません。また、A型は価格が高いということもあり、A型はレンタルにしてB型から購入するという人もいます。

けれども、歩きでの移動が多いという人には、A型ベビーカーは大活躍します。

ベビーカーは、生活スタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

【4~6ヶ月向け】ベビーカーや離乳食の準備などにおすすめのショップガイド

A型

対面式で、背面をフラットにできるので、まだ首がすわっていない生後1カ月頃から使用可能。安定性が高く、赤ちゃんの様子が見られるので安心です。

ただし、B型と比べて価格が高いことが多く、大型なのでたたんでもかさばってしまいます。

歩いて外出することが多いのであれば、生後間もなくから使用できるA型ベビーカーがおすすめ。しかし、赤ちゃんが小さくて軽いうちは抱っこで移動するというのであれば、A型はレンタルでもいいかもしれません。

B型

背面式のベビーカー。リクライニングの角度に制限があるため、腰が据わる7カ月頃から使えるものが一般的です。

赤ちゃんが外の景色を見ることができるので、赤ちゃんもご機嫌。

A型よりもコンパクトにたためることが多く、持ち運びにも便利です。

4歳頃まで使用できるものもあります。

赤ちゃんがまだ小さいうちは抱っこで移動することが多いなら、B型ベビーカーから購入してもいいかもしれません。

レンタルの場合、半年や1年の利用もできますから、腰が据わるまではA型、腰が据わったらB型というように、月齢に合わせたベビーカーが使用できます。

マルチタイプ

通常のA型としてはもちろん、座面をはずして車に取り付ければチャイルドシートになったり、ベビーキャリーやロッキングチェア、ラックとして活用できたり、ベビーシート部分を外せばB型として使用できたりと、多機能を備えたベビーカー。

ただ、価格がやや高めで、ベビーシートとしての使用期間は短め。しかし、ベビーシートとしても使用でき、赤ちゃんをシートごと運べるので、月齢の小さいうちから車での移動が多いのであれば、マルチタイプはとても便利です。

バギー

形はB型ですが、B型よりも軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。軽くてコンパクトにたためるので、車での外出時や旅行など、移動のときにちょっと使いたいという人におすすめ。

ほとんどB型に近いつくりですが、B型よりも軽くて価格が安いのが特徴。ただし、たたんだ時に自立しなかったり、安定性に欠けたりするといったデメリットがあります。