月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

安全用品

赤ちゃんを危険から守る安全用品には、さまざまなものがあります。赤ちゃんの移動をサポートする歩行器もそのひとつ。歩行器は使用期間が短いので、購入よりもレンタルのほうがおすすめです。

歩行器はレンタルがおすすめ

赤ちゃんがハイハイをし始めると、途端に目が離せなくなるものです。赤ちゃんを守るため、歩行器やベッドガード、コンセントガードなどの安全用品は揃えておきたいもの。

安全用品はレンタルを取り扱っているところが少ないですが、長い間使えるので購入がおすすめ。しかし、歩行器は使用期間が短いうえレンタルに対応しているところも多いので、購入よりもレンタルするのがいいでしょう。

【7~12ヶ月向け】歩行器など乳児に必要なグッズまとめ

ベビーゲート

キッチンや階段など、赤ちゃんに入ってほしくない場所に取り付けられるベビーゲート。

ドアを開閉して通るタイプのものや、またぐタイプ、赤ちゃんがぶつかっても痛くないメッシュネットでできたものもあります。

間口に合わせてサイズを選べるので、取り付ける場所の幅をきちんと測って選ぶようにしましょう。

歩行器

歩行器は、お座りができるようになると使用できるといわれています。

赤ちゃんは歩行器に乗ることでいままでと違った景色を見ることができ、移動できる範囲が広がるため、ご機嫌になることが多いのだとか。

倒れたり勝手に抜け出したりする心配もないので、家事などで手が離せないときに利用するとママも便利です。

ただし、少しの段差でもつまずくことがあるので、障害物のない平らな場所で使うようにしましょう。

歩行器をずっと使っていると足腰の発達が遅れると言われることがありますが、短期間の使用なら問題ないとされているので、気になる人は必要な期間だけレンタルするのがおすすめです。

ベビーサークル

赤ちゃんがハイハイをはじめるようになると、ちょっと目を離したすきにどこかへ行ってしまい、入ってほしくないスペースに行ってしまう心配も出てきます。

そんなときにはベビーサークルがあると安心。

ベビーサークルを選ぶときには、赤ちゃんが開けられない設計のもの、扉がない場合には、またいでもふらつかない高さのもの、サークルの中がよく見えるものを選ぶようにしましょう。

部屋のスペースに見合ったものを選ぶことも大切です。

ベッドガード

寝返りをするようになると、ベビーベッドの柵に頭をぶつけたり、大人用のベッドから転落したりする事故も起こります。

ベビーベッド用のベッドガードは、ベビーベッドを一周囲むようにして取り付けるもの、半周を囲むものなどがあります。一周囲むものだと、頭だけでなく足などをぶつける心配もないのですが、覗きこまないと赤ちゃんの様子がわからないという難点も。

大人用のベッドガードは、ベッドに金具で固定するもの、マットレスの間に差し込んで使うものなどがあります。

コンセントガード

コンセントにものや指を入れようとする赤ちゃんもたくさんいます。赤ちゃんが動き回れるようになったら、コンセントガードも必要です。

直接、コンセントに差し込むタイプのものや、プラグが抜けないようになっているタイプがあります。

可愛いデザインのものもたくさんあるので、部屋のインテリアに合わせて選べるのもうれしいですね。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集