月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

さく乳器

赤ちゃんに直接、母乳をあげることができない場合、必要になるのがさく乳器です。さく乳器と乳頭の相性もあるので、いくつかレンタルして試しに使ってから購入するという方法がおすすめです。

レンタルも可能なさく乳器

さく乳器イラスト

赤ちゃんを母乳で育てるつもりであっても、何らかの事情で赤ちゃんに直接、母乳を与えられないという場合があります。

たとえば、赤ちゃんに何かトラブルがあって赤ちゃんだけが入院してしまったとき。

あるいは、乳首がへこんでいたり、赤ちゃんの吸う力が弱かったりしてなかなかおっぱいを吸うことができないとき。

逆に、赤ちゃんの吸う力が強すぎて乳首が切れてしまったとき。

仕事や外出で決まった時間にあげることができないとき。

母乳の量が多くて、赤ちゃんが飲む量やタイミングが合わず、乳腺炎になりそうなとき。

こうした場合には、母乳のさく乳が必要になります。

さく乳には、手で搾るという方法もありますが、時間がかかりますし、同じ乳管からしか母乳が出ないため、ほかの乳管が詰まってしまい、乳腺炎になってしまうことも。

そのため、乳器を使ったさく乳がおすすめです。さく乳器には電動と手動があります。

【0~3ヶ月向け】さく乳器などの新生児用品におすすめのショップガイド

電動タイプ

おっぱいに当てるだけで、自動で搾乳してくれるので楽。吸引する圧力は調節できるので、自分に合った強さでさく乳が可能です。

ただし、強弱を調整しても強すぎる場合があります。また、手動に比べて価格が高い、音がうるさいなどのデメリットも。

手動タイプ

自分で強さや角度などを調整しながらさく乳できます。価格も、電動に比べて手頃です。

ただし、自分の手で動かさなければいけないので手が疲れ、時間がかかってしまいます。

ママの乳首の形や赤ちゃんの吸う力に問題があったり、早々に仕事復帰する予定があったりする場合には、長期間レンタルをするよりも購入してしまったほうがお得かもしれません。

さく乳の手間と時間を惜しむなら電動タイプ。量が少ない、または使用頻度が少ないようなら手動タイプがおすすめです。

さく乳器はさまざまなメーカーから販売されていますが、さく乳器と乳頭の相性もあるので、どのメーカーのものが自分に合うのか、レンタルで確かめてから購入するという方法もあります。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集