月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

おむつ用品

おむつ用品は、赤ちゃんが生まれたときから必要になります。おむつ用品の種類や、購入の際のポイントについてまとめているので、早めに用意しておきましょう。

おむつ用品の購入のポイント

おむつ用品イラスト

おむつには、紙おむつと布おむつがあります。

紙おむつは、使い捨てタイプなので費用がかかりますが、後始末が楽で外出のときにかさばりません。一方、布おむつは、頻繁に替えたり洗濯をしたりと手間が増えますが、長い目で見ると費用を抑えることができます。紙と布、どちらにもメリットやデメリットがありますが、なかには紙おむつと布おむつを併用する人も。

家では布おむつ、外出時には紙おむつにするなど、生活スタイルや育児にかけられる時間などを考慮して使い方を選びましょう。

おむつ以外にも、ゴミの日までのニオイ対策に使うおむつ用ゴミ箱や、おしりふきウォーマーなどはあると便利なアイテム。ただ、試用期間が短いので、レンタルするのがおすすめです。

【0~3ヶ月向け】必要な新生児用品と厳選ショップまとめ

おむつ

おむつは紙おむつを使っている人が多数派のようです。紙おむつにはテープタイプ、パンツタイプがありますが、ねんねの赤ちゃんの頃はテープタイプ、つかまり立ちを覚えて、動きが活発になってきたらパンツタイプが便利です。

おむつのサイズは新生児用、S、M、L、ビッグなどがありますが、おむつからおへそが見えるようになったり、おしっこやうんちが漏れたりするようになったらサイズアップするのがいいでしょう。

布おむつは、こまめに取り替えたり洗濯したりする手間がありますが、赤ちゃんの肌にやさしい、紙おむつよりもコストがかからない、ゴミが出ないなどのメリットがあります。

布おむつの場合は、布おむつ、布おむつカバー、布おむつライナーなどが必要です。

おしりふき

たくさんの種類があるおしりふき。厚手タイプ、トイレに流せるタイプ、肌に優しい成分でできたものなどさまざまです。赤ちゃんの肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの肌が敏感でおしりふきが合わない場合は、ぬるま湯で濡らしたコットンで拭いてあげるのもOK。

おむつ替えマット

母乳やミルクのうちは、うんちもやわらかいので漏れやすく、おむつを替えている途中でおしっこをしてしまうことも多いので、おむつ替えマットを下に敷いておくと安心です。防水加工されているので、下に漏れてしまうこともありません。

コンパクトに収納できるものなら、外出時にも携帯できます。

おむつポーチ

おむつやおしりふきなどを一緒に入れておけるポーチ。おむつ替えに必要なものをまとめられるので便利です。

取っ手付きのものもあり、外出時にもそのまま持って行くことができます。

おしりふきウォーマー

冬のおむつ替えにあるとうれしいおしりふきウォーマー。おしりふきを温めてくれるアイテムです。

おしりふきが温かいと冬でも赤ちゃんが冷たい思いをすることもありませんし、おしりふきを温めることで汚れも落ちやすくなります

ウォーマーは、コンセントから直接電源を取るものが多かったのですが、最近ではコードレスタイプのものも。

おしりふきウォーマーは使用期間が短いので、レンタルにした方が安くすみます。レンタルするなら、持ち運びができ、赤ちゃんがハイハイをするようになっても安心なコードレスタイプがおすすめです。

おむつ用ゴミ箱

紙おむつを使ってみて、そのゴミの量に驚く人も多いのではないでしょうか。それに、時間が経つと出てくるにおいも気になるところ。

おむつ用のゴミ箱はふたが付いていて、消臭、抗菌効果のあるものが一般的です。

専用のフィルムで1個1個おむつを包んでくれるものもあります。