月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

お風呂用品

ベビーバス、バスチェア、バスマットなど、赤ちゃんのお風呂用品について紹介。レンタルと購入、それぞれのポイントについても解説しています。

ベビーバスは購入とレンタルどちらがおすすめ?

ベビーバスイラスト

ベビー用品の中でも、とくに使用期間の短いベビーバス。長い人でも3ヶ月、一般的には1ヶ月ほどしか使用しないことがほとんどです。

使用期間が短く、場所も取るので、ベビーバスはレンタルのほうがおすすめ

ママがひとりで赤ちゃんをお風呂に入れるときには、バスチェアやバスマットがあると便利です。

 

【0~3ヶ月向け】新生児用品の準備におすすめのショップを紹介

ベビーバス

ベビーバスには、一般的なプラスチック製のタイプ、空気を入れて膨らませて使うタイプ、シンクで使えるタイプなどがあります。

プラスチック製のタイプは、お風呂場の床に置いて使います。場所をとりますが、安定感があり、使いやすいのが特長。排水栓がついたものなら、お湯を抜くのも簡単です。

空気を入れて膨らませるタイプのベビーバスは、使わないときは空気を抜いてコンパクトに収納することができ、旅行や帰省先にも持って行けます。ただし、縁の部分に手を置くことができないので、赤ちゃんが重くなってくると負担がかかるかもしれません。

洗面台やシンクで使用できるコンパクトなベビーバスもあります。腰に負担がかからず、ひとりで赤ちゃんを沐浴させるときに便利です。

バスチェア

ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れなければならない場合に役立つのがバスチェアです。

腰が据わってからでないと使えないものもありますが、リクライニング機能がついているものであれば2、3ヶ月頃から使うことができます

赤ちゃんを寝かせたまま、赤ちゃんの体を洗うことができるタイプのものもあるので、ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れるのが不安という人にもおすすめ。

バスチェアには、赤ちゃんが抜け出せないようにバーがついているものも。赤ちゃんの腰が据わるようになれば、ひとりで座らせておけるので、その間に自分の体や頭を洗うことができます。

リクライニングができるタイプなら、首が据わる前から使うことができますし、空気を入れて膨らませるタイプのバスチェアなら、使わないときはコンパクトに収納できます。

どちらにしても、安定感のある、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

お風呂マット

まだお座りができない赤ちゃんをお風呂に入れるときに、赤ちゃんを寝かせて体を洗うことができます。

クッション性の高いもの、裸で寝かせてもひんやりとしないものを選ぶようにしましょう。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集