月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » 揃えておきたい赤ちゃん用品カタログ » ベビーウェア・肌着

ベビーウェア・肌着

ひとくちにベビー服といっても、いろいろな種類があります。ここでは、ベビー服の種類の解説や、肌着の購入枚数の目安なども紹介します。

ベビー服にはレンタルできるものも

ベビー服イラスト

ベビー用の肌着は、直接身につけるものなのでレンタルできるところは少ないです。しかし、ベビー服やベビードレスについては、レンタルに対応しているところもあります。

肌着や、普段着として使うベビー服を3~4枚ほど購入し、ふだんは着る機会がないイベント用のベビードレスだけをレンタルするという人も多いようです。

 

新生児用品の準備におすすめのショップを厳選しました

ベビー服

ツーウェイオール

股の下にボタンが付いていて、留め方によってズボン型、スカート型に使い分けられるウェアです。おむつ替えの多い時期にはスカート型、足を動かすようになったらズボン型にして使うのがおすすめ。

新生児から1歳頃まで長く使うことができます。3~4枚ほどあるといいでしょう。

ベビードレス

ワンピース型になった筒状のウェア。股下があいているのでおむつ替えも楽にできます。はだけやすいので、足を動かすようになる2ヶ月頃までしか使用しないことも多いようです。

退院時やお宮参りなどのイベント用に用意するという人が多数派です。

カバーオール

ロンパース、グレコなどとも呼ばれます。ボディスーツにボトムがついたつなぎ型のウェアです。股下部分にもボタンがついているので、おむつ替えも簡単。

1、2ヶ月頃から1歳頃まで使えるので、3~4枚ほどあると便利です。

肌着

短肌着

着丈が短く、赤ちゃんのお腹が隠れるくらいの長さの肌着。内側と外側、それぞれ紐で結びます。丈が短いので足を動かしてもはだけにくく、着せたままおむつ替えができます。0~3ヶ月くらいまで使用することが多いようです。

3~4枚くらいあるといいでしょう。

長肌着

短肌着よりも丈が長く、赤ちゃんの足が隠れるくらいの長さです。寒い時期に着せることが多く、冬生まれの赤ちゃんなら1~2枚ほど、春、夏生まれの赤ちゃんなら短肌着だけでも十分です。

コンビ肌着

股の部分が分かれていて、内側にボタンが付いています。ボタンを留めればズボンのようになるので、足を動かしてもはだけません。

コンビ肌着1枚でも、寒い時期は短肌着と組み合わせて着せてもOK。

足の動きが活発になる3ヶ月以降から1歳頃まで長く使える肌着です。

ボディタイプ肌着

股の下にボタンがついているレオタード型の肌着。お腹をしっかりカバーしてくれるので、赤ちゃん時代はもちろん、2歳頃まで使えます。

頭からかぶせるタイプが多いのですが、赤ちゃんの首がまだすわらないうちは、前開きのもののほうが楽に着替えができます。

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集