月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » 揃えておきたい赤ちゃん用品カタログ » 抱っこひも・キャリー

抱っこひも・キャリー

赤ちゃんとのお出かけに抱っこひもは必須です。さまざまなメーカーの抱っこひもがあるので、どれにしようか迷ってしまうという人は、使いやすさや赤ちゃんの安定度など、レンタルで試してから購入するという方法がおすすめです。

抱っこひもはレンタルで試してから購入してもOK

抱っこひもイラスト

赤ちゃんと一緒にお出かけするときに欠かせないアイテムが抱っこひも。キャリーとも呼ばれます。

抱っこひもは、移動するときはもちろん、赤ちゃんが泣いているときにあやしたり、寝かしつけたり、家事をするときにも役立ちます

抱っこひもには、新生児期から使えるものやおんぶができるものなど、いろいろな種類があります。

抱っこひもは購入するという人が多いようですが、安いものではないので、失敗をしないためにも、使いやすさや赤ちゃんの安定感など、レンタルで試してから購入してもいいかもしれません。

抱っこひもや離乳食準備など月齢別ベビー用品まとめ【4~6ヶ月版】

新生児向け横抱きタイプ

首がすわる前に使用するなら、横抱きタイプが安心です。ただし、横抱きタイプは、手で抱っこするような形になるので、安定感がありますが、両手がふさがってしまうので、ちょっと不便な面があるかもしれません。

新生児でも使用可の縦抱きタイプ

赤ちゃんの首の部分にサポートがあり、首の座っていない赤ちゃんでも縦抱っこができるタイプの抱っこひも。赤ちゃんを縦に抱っこできるので、両手が自由に使えます。

首が据わってから使うタイプ

現在、販売されている抱っこひもの多くがこのタイプ。最近は、肩だけでなく腰にもベルトがついていて、肩への負担を軽減してくれるものが主流です。

通常は首がすわってから使いますが、中には、専用インサート(新生児用パッド)を取り付ければ、首がすわっていない赤ちゃんでも縦抱きができるものもあります。

コンパクトにたためて、持ち運びが楽なものも。

おんぶもできるタイプ

首がすわってから使えるタイプの抱っこひもは、ほとんどが抱っこだけでなくおんぶもできるようになっています。

家事などをするときには、当然のことながら抱っこよりもおんぶのほうが楽なので、抱っこもおんぶも両方できるものがおすすめです。

多機能タイプ

ベルトを付け替えることで、横抱き、縦抱き、おんぶなどに対応できるタイプ。ひとつでいくつもの使い方ができるので便利です。

スリング

幅の広い布をたすき掛けにして、その中に赤ちゃんを包み込むスリング。ママと赤ちゃんとの密着度が高いので、赤ちゃんも安心しますし、ママの肩や腰への負担も少なめです。

横抱っこにも縦抱っこにも対応できるので、新生児から使用することができます。