月齢に合わせたおすすめベビー用品をお得に手に入れましょう!

HOME » 揃えておきたい赤ちゃん用品カタログ » 抱っこひも・キャリー

抱っこひも・キャリー

赤ちゃんとのお出かけに抱っこひもは必須です。さまざまなメーカーの抱っこひもがあるので、どれにしようか迷ってしまうという人は、使いやすさや赤ちゃんの安定度など、レンタルで試してから購入するという方法がおすすめです。

抱っこひもはレンタルで試してから購入してもOK

抱っこひもイラスト

赤ちゃんと一緒にお出かけするときに欠かせないアイテムが抱っこひも。キャリーとも呼ばれます。

抱っこひもは、移動するときはもちろん、赤ちゃんが泣いているときにあやしたり、寝かしつけたり、家事をするときにも役立ちます

抱っこひもには、新生児期から使えるものやおんぶができるものなど、いろいろな種類があります。

抱っこひもは購入するという人が多いようですが、安いものではないので、失敗をしないためにも、使いやすさや赤ちゃんの安定感など、レンタルで試してから購入してもいいかもしれません。

抱っこひもや離乳食準備など月齢別ベビー用品まとめ【4~6ヶ月版】

新生児向け横抱きタイプ

首がすわる前に使用するなら、横抱きタイプが安心です。ただし、横抱きタイプは、手で抱っこするような形になるので、安定感がありますが、両手がふさがってしまうので、ちょっと不便な面があるかもしれません。

新生児でも使用可の縦抱きタイプ

赤ちゃんの首の部分にサポートがあり、首の座っていない赤ちゃんでも縦抱っこができるタイプの抱っこひも。赤ちゃんを縦に抱っこできるので、両手が自由に使えます。

首が据わってから使うタイプ

現在、販売されている抱っこひもの多くがこのタイプ。最近は、肩だけでなく腰にもベルトがついていて、肩への負担を軽減してくれるものが主流です。

通常は首がすわってから使いますが、中には、専用インサート(新生児用パッド)を取り付ければ、首がすわっていない赤ちゃんでも縦抱きができるものもあります。

コンパクトにたためて、持ち運びが楽なものも。

おんぶもできるタイプ

首がすわってから使えるタイプの抱っこひもは、ほとんどが抱っこだけでなくおんぶもできるようになっています。

家事などをするときには、当然のことながら抱っこよりもおんぶのほうが楽なので、抱っこもおんぶも両方できるものがおすすめです。

多機能タイプ

ベルトを付け替えることで、横抱き、縦抱き、おんぶなどに対応できるタイプ。ひとつでいくつもの使い方ができるので便利です。

スリング

幅の広い布をたすき掛けにして、その中に赤ちゃんを包み込むスリング。ママと赤ちゃんとの密着度が高いので、赤ちゃんも安心しますし、ママの肩や腰への負担も少なめです。

横抱っこにも縦抱っこにも対応できるので、新生児から使用することができます。

ベビー用品の代表格、抱っこ紐のメリットについて考える

赤ちゃんの安心感を高められる

ベビー用品の中でも、少ない負担で赤ちゃんを移動させられるアイテムとしてママやパパから根強い支持を得ているのが「抱っこ紐」。抱っこ紐の最大のメリットは、何と言っても赤ちゃんとママが密着できることです。生まれて数か月の赤ちゃんは、ママと離れるだけでも不安になるもの。ですが、抱っこ紐なら密着していられるので赤ちゃんも安心します。

抱っこ紐でよくある疑問のひとつに抱き癖(抱っこが当たり前になり、降ろしたらすぐ泣くようになってしまうこと)がありますが、最近では「抱き癖は赤ちゃんの発育上何の問題もない」という考え方が一般的になってきています。抱っこは、ママやパパと赤ちゃんがぬくもりを介して信頼感や安心感を高め合う大切な行為。その抱っこに一役買ってくれるアイテムが、抱っこ紐なのです。

抱っこをする側の負担が減る

抱っこ紐は、赤ちゃんだけでなく抱っこをするママやパパにもメリットがあります。赤ちゃんの体重が腰や肩で分散されるので、普通に抱っこをするよりもはるかに楽です。また、両手を自由に使えるので抱っこしながらの家事や買い物でも困りません。ベビーカーだと駅や商業施設などでエスカレーターに乗れませんが、抱っこ紐ならエレベーターを探したり、混んでいるところにならんだりせずに済みます。

時期・シーンに合わせた種類が豊富にある

お祖母さん世代の方なら、「抱っこ紐」ではなく「おんぶ紐」という認識があるかもしれません。「赤ちゃんの姿勢や視界のことを考えると、抱っこよりおんぶがいい」といった意見もあると思いますが、最近では新生児を前抱っこしたり横抱っこしたりできるものなど、さまざまなタイプが出てきました。赤ちゃんの成長度合いによって、快適に使える抱っこ紐が増えています。

また、2歳過ぎまで長く使えるもの、フィット感を調整しながら小柄なママと大柄なパパがどちらも使えるもの、肩・腰の負担が少ないものなど、抱っこ紐のラインナップも豊富です。生活シーンや活動シーンに合わせて、タイプの違う抱っこ紐を使い分ける方も増えています。

抱っこ紐をレンタルするメリットとは

抱っこ紐を含め、最近ではさまざまなベビー用品がレンタルできます。昔は購入する、譲ってもらうなどして用意したものですが、最近はエコブームや「長く使うものではない」という観点から便利なレンタルサービスが増えています。

処分の手間や負担がない

抱っこ紐は、長く使ったとしても2歳くらいまででしょう。たった2年しか使わないものを購入し、その後で買取に出したりバザーに出したりするのは面倒ですよね。捨てるにしても誰かに譲るにしても、手間はかかってしまいます。

購入するよりも安い

レンタルなら、出費を抑えることができます。半年、1年といったスパンで総費用を積算すると、圧倒的にレンタルがお得です。レンタルなら長期間借りても購入ほど費用がかからず、保管の手間やエコの面からもメリットがあります。

商品との相性を確認できる

「購入前にレンタルしてみる」という選択も可能です。抱っこ紐も赤ちゃんやママ・パパとの相性があります。いくら良い製品でも万人に向くとは限りません。そのため、購入を検討しているものがあれば、一度レンタルサービスを使って試すのもオススメです。

成長時期に合わせた製品を使える

そしてなにより便利なポイントは、赤ちゃんの成長時期に最適な製品をレンタルできることです。抱っこ紐をはじめ、赤ちゃん用グッズは短期間しか使わない(使えない)ものも多くあります。限られた期間のためにベビー用品を購入するのではなく、レンタルしながらタイミングに適した製品を使うというのも手ではないでしょうか。

0~3ヵ月の赤ちゃんに必要なものを見る

4ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんに必要なものを見る

7ヶ月~12ヶ月の赤ちゃんに必要なものを見る

1歳~2歳の赤ちゃんに必要なものを見る

2歳以上の赤ちゃんに必要なものを見る

ベビー用品のレンタル&通販おすすめショップ特集